そろばんQ&A

​Q.そろばんを始めるベストな年齢は?

​A.ズバリ、5歳になった瞬間!

どもたちは小学生になり勉強が始まると理解力が高まってきますが、頭脳は右脳(イメージ)型から左脳(理論)型へと変わっていきます。左脳型になればなるほど、ピアノや絵といった芸術科目と同じように、暗算力の習得も難しくなってしまいます。
一方、子どもたちは小さければ小さいほど、「暗算力が身につきやすい⇔忘れるスピードが早い&理解力が低い」「たくさん時間がある⇔体力が低い」ものです。
そのため本格的な勉強が始まる前で、理解力も身についてきている5歳からのスタートがオススメです。

幼稚園生たちも活躍中!

もちろん小学生も大歓迎!

​Q.左利きでも大丈夫?

​A.大丈夫!(むしろ有利かも?)

両手でそろばんを弾く上級者

塾では左利きの子も右で鉛筆を持ち、右でそろばんも弾いてもらっています。これは、そろばんやそろばんの問題が、右利きで計算するために作られており、左利きに不利な場面が多いからです。

一方で左利きの子は器用な子が多いので初歩の段階ですぐ両利きになることができます。ある程度上達してくるとそろばんを両手で弾くようになるのですが、ここまで来たときに左利きの子は両手弾きを早く会得することができ有利になります。

​Q.日本一を目指さないといけないの?

「初心者から日本一まで」って

​A.いいえ!自分なりの目標を見つけてください

全日本大会に出場するのは全生徒の2%くらい?

塾が第一に目指すのはそろばんを好きになってもらうことです。

生徒たちが大人になった時にその子どもたちにそろばんを習わせてくれれば、そろばんの未来は繋がっていきます。当塾にも親子2代で生徒になってくれた方もチラホラ!

「検定に合格した」「大会で入賞した」「上達していく実感を得られて楽しい」「他の場で役に立った」「誰にも負けない特技になった」・・・様々な場面でそろばんを好きになってもらえる瞬間がありますが、この体験を得るには上達してしまうのが早道です。

自分のスタンスを見つけてそれぞれが一生懸命に目標を達成してもらえれば幸いです。また、その一生懸命さの先に全国レベルの先輩たちが待っています、というのが「初心者から日本一まで」の標題の意味となります。

当HP内で使用されている画像・テキスト・文章の著作権は全て宮本暗算研究塾Maxが保有しています。無断転載・使用を禁止し、違反した場合は法的に対処します

© 2016 by 宮本暗算研究塾Max. Proudly created